人気ブログランキング |

ほのぼのと人情あつい熊本県芦北町・湯浦の四季をお届けします


by yunoura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月15日の夜、芦北町大川内の内野小学校で開かれた「うちのふれあい祭り」(内野支部公民館主催)で、湯浦中学校音楽部生徒約40人が公演し、いきものがかりの「YELL」を合唱。雨上がりの澄み切った夜空に美しい歌声を響かせた。




            YELL

   「”わたし”は今 どこに在るの」のと 踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す
   枯葉を抱き 秋の窓辺に かじかんだ指先で 夢を描いた

   翼はあるのに 飛べずにいるんだ ひとりになるのが 恐くて つらくて
   優しいひだまりに 肩寄せる日々を 越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

   サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
   ともに過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

   僕らはなぜ 答えを焦って 宛ての無い暗がりに 自己(じぶん)を探すのだろう
   誰かをただ 想う涙も 真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

   永遠など無いと 気づいたときから
   笑い合ったあの日も 唄い合ったあの日も
   強く 深く 胸に 刻まれていく
   だからこそあなたは だからこそ僕らは
   他の誰でもない 誰にも負けない
   声を 挙げて ”わたし”を 生きていくよと
   約束したんだ ひとり ひとつ 道を 選んだ

   サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
   いつかまためぐり逢うそのときまで 忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

   僕らが分かち合う言葉がある こころからこころへ 声を繋ぐ YELL
   ともに過ごした日々を胸に抱いて 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

 このあと、太鼓やジャズダンス、抽選会が行われました。終わりには恒例の花火が
打ち上げられ、参加した約700名の参加者の眼を楽しませてくれました。

 花火の写真撮影が美味くできず、ここに紹介するのが心苦しいのですが、
花火ショーの雰囲気を感じていただければうれしいです。

f0206758_1395253.jpg
f0206758_13101099.jpg
f0206758_13102275.jpg
f0206758_13103578.jpg
f0206758_13104742.jpg
f0206758_13105956.jpg
f0206758_13111032.jpg
f0206758_13112093.jpg
f0206758_13113662.jpg
f0206758_13114984.jpg
f0206758_1312476.jpg

by yunoura | 2009-08-22 13:13

ソーメン流し&釣り堀



夏はソーメン。ソーメンはソーメン流し。
夏の風物詩として人気のソーメン流しが、芦北町南部の古石・石間伏にあります。
ことしも、お盆はたくさんの来客で賑わっていました。

お盆の14日、アメリカから15歳のガールが来て「ソーメン大好き」とおいしそうに食べていました。
さしみは苦手ということで、半分ほど残しましたが、鯉のスープと鱒(マス)の塩焼きはきれいに
食べました。
f0206758_20564225.jpg


「魚釣りは好きですか?」と釣り堀を勧めると「結構です」(No thank you)と即答。
一緒にきていたご夫人が楽しそうにマス釣りに挑戦していました。

f0206758_2057311.jpg



by yunoura | 2009-08-16 21:00 | 湯浦川の水源・古石
f0206758_21232276.jpgf0206758_21233577.jpgf0206758_21234834.jpgf0206758_2124057.jpgf0206758_21241522.jpgf0206758_2124271.jpgf0206758_21244662.jpgf0206758_2125070.jpgそれぞれにクリックすると500サイズが開きます。


8月13日午後、芦北町古石のみどりの里グラウンドで第36回ふるいし夏祭り(古石公民館主催)が開催されました。夕方から参加したため、前半のプログラムは見れませんでしたが、写真家・今岡昌子さんの写真教室やカブトムシ相撲選手権とクモ合戦やけん玉教室、魚のつかみ取りなどのほか、フラダンスや浴衣ファッションショーが行われていました。

夕方7時ころから、水俣・むつごろう一座による「ひょげ踊り」が始まると、会場いっぱいにに笑いが広がりました。のど自慢カラオケのあと、写真教室の受講生が祭りの様子を写真にした作品がプロジェクターで披露され、講師の今岡先生が、講評を行いました。

この後、恒例の花火(線香)と抽選会が行われ、午後9時過ぎに閉会しました。
by yunoura | 2009-08-14 21:27 | 湯浦川の水源・古石

釣り船から見た三つ島

f0206758_1830281.jpgf0206758_18304767.jpgf0206758_18312615.jpgf0206758_18314712.jpgf0206758_1832566.jpgf0206758_18322135.jpgf0206758_18323766.jpgf0206758_18325491.jpgf0206758_18331098.jpgf0206758_18332236.jpgそれぞれにクリックすると500サイズが開きます。
湯浦には海があります。
釣り船に乗ったつもりで、女島周辺を散策しませんか?
1枚目:女島側の佐敷港、2枚目:女島・沖地区、3枚目:唐船岩、4枚目:三つ島(竹の島・田浦)
5枚目:三つ島(杉の島=木の島・湯浦)、6枚目:三つ島(沖の島)、7枚目:北側から見た木の島
8枚目:海から見た三つ島海岸、9、10枚目:三つ島に沈む夕日
by yunoura | 2009-08-09 19:47 | ゆかりある歴史の里・女島