人気ブログランキング |

ほのぼのと人情あつい熊本県芦北町・湯浦の四季をお届けします


by yunoura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0206758_18334459.jpgf0206758_1834457.jpgf0206758_1835103.jpgf0206758_1835379.jpgf0206758_18355813.jpgf0206758_18361813.jpgf0206758_18373665.jpgf0206758_18381081.jpgf0206758_18384039.jpgf0206758_1839426.jpgそれぞれにクリックすると500サイズが開きます。

古石地区は、国道3号線から(芦北町倉谷)で南へ約5キロ入ったところにある。

国道沿いの表示板が目印だ。

肥薩おれんじ鉄道線高架をくぐって十字路をまっすぐに山間部へ登ると、高岡地区だ。

また、大きな「ふるいし」と大書された看板が立っている。

この看板の前にある県道沿いに、今年の紫陽花が咲き始めてた(21年5月31日撮影)。

井上さん経営の「あじさいの森」は、まだオープンしていなかったので

道沿いに咲いたばかりの花をアップします。これから梅雨にかけて通行する人たちの目を

楽しませてくれる花たちです。



by yunoura | 2009-05-31 19:00 | 湯浦川の水源・古石
f0206758_10192111.jpgf0206758_1020741.jpgf0206758_10202751.jpgf0206758_10204921.jpgそれぞれにクリックすると500サイズが開きます。

丸米地区の象徴としての標柱とそれを揮ごうして下さった故内田テツエさん。内田さんは、内野地区で長年習字を子供たちに教えて来られました。標柱に揮ごうをお願いした時は、とても謙遜されながら快く引き受けていただきました。小学生から中高生、社会人にいたるまでたくさんの人たちが「日本習字」の精神を受け継いで育っていきました。内田さんは、地域の子供たちを自分の家族のように可愛がりながら、昨年6月静かに他界されましたが、ふるさとを思う郷土愛は多くの人に受け継がれました。この標柱は、元丸米小学校の先にある丸山地区にあります。


by yunoura | 2009-05-09 10:49 | 大関清流石橋の里・丸米
f0206758_17324642.jpg

芦北大橋を渡りトンネル抜けると、神功皇后が祀られた女島神社がある。かつては歌会など催され、文人に尊ばれた由緒深い神社だ。

by yunoura | 2009-05-02 22:32 | ゆかりある歴史の里・女島