人気ブログランキング |

ほのぼのと人情あつい熊本県芦北町・湯浦の四季をお届けします


by yunoura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:湯浦川の水源・古石( 12 )

さる10月13日、熊本県芦北町の古石にある大関清水園で行われた「マス釣り」と「ソーメン流し」を楽しもうかい(湯浦たぎろう会主催)のご報告。(1週間も経過してしまいました)

0歳から86歳まで48人の方が参加して午前11時半から開会。湯浦北区のほのぼの会の皆さんがたくさん参加して下さいました。
f0206758_22394573.jpg


清水園の中で開会式。湯浦たぎろう会の湯治清会長から、たぎろう会の歩みなどが紹介。
f0206758_2242526.jpg


さっそく「ソーメン流し」で腹ごしらえをしました。名水百選に選ばれた大関の新鮮な水に流れるソーメンに舌鼓を打ちました。マスの塩焼きも美味いと好評。新米で作ったおにぎりも格別の味でした。
f0206758_22483254.jpg


いよいよマス釣りに挑戦。
f0206758_22505394.jpg


小学校1年生の女の子がマスを釣り上げました。
f0206758_22523446.jpg


釣った魚は2尾ずつ計量器で計って、重さで順位を決定します。
f0206758_22542232.jpg


2尾350グラムを越えた婦人が優勝、表彰状を受けられました。
f0206758_22562796.jpg


最後は、みんなで記念撮影。快晴の天気に恵まれて、老いも若きも童心に帰って楽しめたようです。参加者の皆さん、お疲れ様でした。シーズンオフにもかかわらず、このイベントのために施設を提供して下さった大関清水園の皆様、ありがとうございました。O(≧▽≦)O
f0206758_2314596.jpg

by yunoura | 2012-10-20 23:05 | 湯浦川の水源・古石
釣り堀で釣り体験はいかが?季節はずれのソーメン流しはいかが?

芦北町の奥山にある釣り堀付きのレストラン大関清水園で10月13日(土曜日)にイベントを計画しました。

題して「マス釣り」と「ソーメン流し」を楽しもうかい。


芦北町の地域活性化グループ・湯浦たぎろう会(湯治清会長)では、地域の宝である古石の大関清水園を活用して、あえてシーズンではないこの日に、釣りとソーメン流しを気軽に楽しんでもらおうと火の国未来づくりネットワーク水俣芦北ブロック会議の後援をいただき、下記のパンフレットを作成、ただ今参加者を募集中です。

当日、午前11時30分に現地に集合。受付を済ませて昼食を取りながら、参加者同士の交流を深めます。

その後、釣り堀でマス釣りを体験。参加者の人数により釣りの楽しみ方を検討中です。パンフレットには、1人5分ずつ釣りをして、1人が何匹釣れるか楽しんでもらおうと考えていましたが、その場合釣れる人と釣れない人の差がハッキリ出てしまいそうなので、別のアイデアを検討中です。

昼食では、ソーメンの他にオニギリとマスの塩焼きがついています。

ソーメン流しではシーズンオフですが、参加者の皆さんとオフの楽しみ方を考えることができれば幸いです。

詳細は以下をお読み下さい。
f0206758_21461528.jpg

by yunoura | 2012-10-05 21:48 | 湯浦川の水源・古石
 毎年全国規模で開かれている地域づくり団体全国研修交流会の第29回熊本大会が、

5月13日から15日まで、熊本県内各地で開催されます。

「かたらんね!もえる火の国熊本で」をテーマに、11会場で分科会を開催したあと、

3日目に熊本市内で全体会を行う計画です。
f0206758_19202248.jpg


 水俣・芦北地域で行われる第9分科会では、

「水と森の“のさり”を味わう~ゆた~っとして、最後にたまがる体験はいかが?~」

(実施主体・“のさり”を味わう会)をテーマに4つのコースが計画され、

その一つとして「芦北町古石コース」が選ばれました。

 同コースでは、古石交流館みどりの里による地元で採れた素材を使った調理体験を行います。

かまどご飯や石釜パンなどを食べながら、廃校した小学校跡を拠点に地域再生に取り組む

同地区の積極的な取り組みを学ぶことになっています。

 第9分科会全体のプログラムは、以下の通り。

5月13日(金)13:00オプショナルツアー「水俣芦北の環境と歴史をめぐるツアー」
         16:30 オリエンテーション(説明、自己紹介など)
         17:00 交流会(前夜祭) 20:30(閉会) 以上湯の児会場
         21:00 湯の鶴温泉に移動 21:30 夜なべ談義
         湯の鶴温泉旅館に分泊

5月14日(土) 8:30 宿舎出発 「小さな旅」現地見学&体験(A~Dコースに分かれます)
               A:水俣市久木野コース「森の恵み・棚田の恵み」
                 久木野ふるさとセンター愛林館による「日本一の棚田(自称)」や
                 水源の森を見学。棚田米、地元食材を使った家庭料理を食します
               B:頭石コース「村丸ごと生活博物館の“食”と“技”をめぐる」
                 村丸ごと生活博物館による手作り体験。地元野菜の煮しめ、
                 地鶏汁などを食します
               C:芦北町古石コース「エコなパン焼き、ごはん炊き」
               D:水俣市茂道コース「シーカヤックでよみがえる海を感じる」
                 水俣自然学校によるカヌーツーリング(雨天時別メニュー)」
                 “がんがぜ”(ウニ)、地魚などシーフードメニューを食します
         12:00 昼食(各コースの土地の食べ物を食べます)
         15:30 各「小さな旅」の発表・討議(~17:30)
         18:00 交流会(意見交換会)(~20:30)
               夜なべ談義、宿泊(芦北町野坂屋旅館)
5月15日(日) 8:30 全体会会場へ移動 ホテル熊本テルサ
         10:00 全体会(~11:40)
         12:00 昼食交流会(~13:30) 

連絡先:熊本大会実行委員会事務局 火の国未来づくりネットワーク(熊本県庁地域振興課内)
                        TEL:096-333-2135
     第9分科会お問い合わせ先 みなまた観光物産協会(JR新水俣駅構内)
                        TEL:0966-63-2582

 来る3月12日九州新幹線が全線開通するのを機に、熊本の地域づくり活動が全国の活動家と
交流を結ぶ絶好のチャンスとして生かされるべく、最後の準備が整えられています。申し込みは、
事務局までお問い合わせください。申し込み締め切りは、2月21日。



                 
by yunoura | 2011-01-23 21:18 | 湯浦川の水源・古石

天狗岩と小さな秋

古石地区の矢城神社にある夫婦岩から、
f0206758_2235478.jpg


さらに山奥に2キロメートルほど

入ったところに天狗岩があります。

11月23日午後、芦北町のボランティア団体・つくし会の方たちに便乗して

散策してきました。

f0206758_226257.jpg
f0206758_2262466.jpg
f0206758_2264331.jpg
f0206758_2265852.jpg
f0206758_2271577.jpg


「天狗岩入り口」からは、道なき道をだいぶ歩きました。
途中には大きな木々や岩が散在していました。
やがて大きな天狗岩に到着。
下から見上げて撮影しました。木々に囲まれていてやっと一部分を撮影。
岩の上にのぼることもできず、全貌はわかりませんでした。
一応、記念撮影して下山。
来た道を帰れば良かったのですが、別のルートで帰ろうとしたため
迷路に入り込み、みんな生きて帰れるか?緊張感を持って歩き続けました。

携帯電話で連絡をとって、上を目指して登ったら無事に道にたどり着きました。

久しぶりにスリルとサスペンスを味わいながら、紅葉にも出会い、感謝感謝の一日でした。
f0206758_2220918.jpg

by yunoura | 2010-11-23 22:22 | 湯浦川の水源・古石
緊急で恐縮ですが、今日の12時56分ごろから日本テレビ系列テレビ(熊本ではKKT)で放送される予定です。

3年前に古石の方たちが中心になって、ソーメン流しのギネス記録に挑戦した様子を、「今日は何の日」というコーナーで紹介してくれるそうです。

約15分くらい、全国放映されますので、ひょっとしたら知り合いが出るかもしれません。覚えていたら、見て下さい。
by yunoura | 2010-08-26 07:42 | 湯浦川の水源・古石

雪化粧した大関山

朝から猛吹雪になった湯の浦。

部屋の中から見ていると、横なぐりの雪がすごかった。

時々晴れ間が見えたりヘンな一日でしたが、

夕方には、写真のような美しい山が現れました。

まるでポスターで見たアルプスのよう…

f0206758_2181218.jpg



いいえ、ここは湯の浦で一番高い山と言われる大関山。

海抜902m。頂上にはテレビ塔がそびえています。
by yunoura | 2010-03-10 21:12 | 湯浦川の水源・古石

夜明けの夫婦岩

f0206758_0182372.jpgf0206758_019517.jpgf0206758_0192079.jpgf0206758_0193460.jpgf0206758_019453.jpgf0206758_020558.jpgf0206758_0202491.jpgf0206758_0204398.jpgf0206758_0205695.jpgf0206758_0211866.jpgそれぞれにクリックすると500サイズが開きます。
平成22年2月13日陰暦の大晦日の日撮影しました。
それぞれの撮影時刻は、以下の通りです。
①7:07:42(時間:分:秒)
②7:19:14
③7:23:59
④7:24:37
⑤7:25:51
⑥7:30:01
⑦7:30:32
⑧7:33:20
⑨7:36:49
⑩7:46:58
本当は、翌日の14日、もう一度行って初日の出を撮影してアップしたかったのでした。
あいにく天気が悪くて日の出を撮影できませんでした(>_<)
by yunoura | 2010-02-18 00:32 | 湯浦川の水源・古石
久しぶりにいい天気になるとわかっていたので、芦北町古石山神の矢城神社に登りました。

2月13日午前7時21分頃からキラキラした太陽が東方から昇り始めました。

f0206758_21103871.jpg


夫婦岩の間から朝日を拝むこともできます。静かな山中、夫婦岩の間から登る朝日に

向かって、「夫婦円満」「夫婦一体」「家内安全」を祈願するのもいいものです。

逆光にむかっての撮影は慣れていませんので、サイドから撮影しました。

f0206758_21172936.jpg


一番大きな夫婦岩の後方に子供の夫婦岩があります。(聞くところによると孫の夫婦岩もあるそうです。)

f0206758_21213985.jpg


女の神様が鎮座されているという白龍神社。この白龍神社を含めて3人の女の神様がいて

仲良くしておられるそうです。

f0206758_21305929.jpg


神社は平成3年6月、今の形を整え、氏子の皆さまの記念碑が建立されています。

f0206758_21313286.jpg


拝殿の中は、明るくてきれいです。

f0206758_2133539.jpg


ご神体の右側に夫婦岩讃歌が掲示。

f0206758_21354118.jpg


朝日を浴びる矢城神社の遠景。

f0206758_21372714.jpg


紅梅が咲いていました。

f0206758_21384518.jpg


コンパクトカメラですが、けっこう綺麗に撮れました。

f0206758_21403965.jpg


境内の外には、ダ・ロープ亭の広い駐車場があります。

f0206758_21442884.jpg


夫婦で行けば、きっと大きなご利益がありそうです。


by yunoura | 2010-02-13 21:52 | 湯浦川の水源・古石
2月7日午後、熊本県芦北町古石の交流館「みどりの里」で

芦北在住のプロ写真家・今岡昌子さんの写真教室が行われました。

古石緑創会の主催で行われたもので、今岡さんの講座は今回で2回目。

八代市や水俣市、芦北町などから写真愛好家など約30名の方が参加。

今岡さんのカメラマンとしてのポイント講座のあと、愛好家が持ち寄った

写真を「人物部門」、「風景部門」、「組写真の部門」に分けて一枚一枚

についてていねいな講評が行われました。

 このあと、3部門で優秀な作品が表彰され、豪華景品が授与されました。

小生も思いがけなく特別賞を頂戴し、副賞としてなんと地酒「ふるいし」を

いただきました。
f0206758_0204659.jpg
f0206758_0211034.jpg

by yunoura | 2010-02-08 00:24 | 湯浦川の水源・古石

ソーメン流し&釣り堀



夏はソーメン。ソーメンはソーメン流し。
夏の風物詩として人気のソーメン流しが、芦北町南部の古石・石間伏にあります。
ことしも、お盆はたくさんの来客で賑わっていました。

お盆の14日、アメリカから15歳のガールが来て「ソーメン大好き」とおいしそうに食べていました。
さしみは苦手ということで、半分ほど残しましたが、鯉のスープと鱒(マス)の塩焼きはきれいに
食べました。
f0206758_20564225.jpg


「魚釣りは好きですか?」と釣り堀を勧めると「結構です」(No thank you)と即答。
一緒にきていたご夫人が楽しそうにマス釣りに挑戦していました。

f0206758_2057311.jpg



by yunoura | 2009-08-16 21:00 | 湯浦川の水源・古石