第29回地域づくり団体全国研修交流会熊本大会の分科会参加者募集

 毎年全国規模で開かれている地域づくり団体全国研修交流会の第29回熊本大会が、

5月13日から15日まで、熊本県内各地で開催されます。

「かたらんね!もえる火の国熊本で」をテーマに、11会場で分科会を開催したあと、

3日目に熊本市内で全体会を行う計画です。
f0206758_19202248.jpg


 水俣・芦北地域で行われる第9分科会では、

「水と森の“のさり”を味わう~ゆた~っとして、最後にたまがる体験はいかが?~」

(実施主体・“のさり”を味わう会)をテーマに4つのコースが計画され、

その一つとして「芦北町古石コース」が選ばれました。

 同コースでは、古石交流館みどりの里による地元で採れた素材を使った調理体験を行います。

かまどご飯や石釜パンなどを食べながら、廃校した小学校跡を拠点に地域再生に取り組む

同地区の積極的な取り組みを学ぶことになっています。

 第9分科会全体のプログラムは、以下の通り。

5月13日(金)13:00オプショナルツアー「水俣芦北の環境と歴史をめぐるツアー」
         16:30 オリエンテーション(説明、自己紹介など)
         17:00 交流会(前夜祭) 20:30(閉会) 以上湯の児会場
         21:00 湯の鶴温泉に移動 21:30 夜なべ談義
         湯の鶴温泉旅館に分泊

5月14日(土) 8:30 宿舎出発 「小さな旅」現地見学&体験(A~Dコースに分かれます)
               A:水俣市久木野コース「森の恵み・棚田の恵み」
                 久木野ふるさとセンター愛林館による「日本一の棚田(自称)」や
                 水源の森を見学。棚田米、地元食材を使った家庭料理を食します
               B:頭石コース「村丸ごと生活博物館の“食”と“技”をめぐる」
                 村丸ごと生活博物館による手作り体験。地元野菜の煮しめ、
                 地鶏汁などを食します
               C:芦北町古石コース「エコなパン焼き、ごはん炊き」
               D:水俣市茂道コース「シーカヤックでよみがえる海を感じる」
                 水俣自然学校によるカヌーツーリング(雨天時別メニュー)」
                 “がんがぜ”(ウニ)、地魚などシーフードメニューを食します
         12:00 昼食(各コースの土地の食べ物を食べます)
         15:30 各「小さな旅」の発表・討議(~17:30)
         18:00 交流会(意見交換会)(~20:30)
               夜なべ談義、宿泊(芦北町野坂屋旅館)
5月15日(日) 8:30 全体会会場へ移動 ホテル熊本テルサ
         10:00 全体会(~11:40)
         12:00 昼食交流会(~13:30) 

連絡先:熊本大会実行委員会事務局 火の国未来づくりネットワーク(熊本県庁地域振興課内)
                        TEL:096-333-2135
     第9分科会お問い合わせ先 みなまた観光物産協会(JR新水俣駅構内)
                        TEL:0966-63-2582

 来る3月12日九州新幹線が全線開通するのを機に、熊本の地域づくり活動が全国の活動家と
交流を結ぶ絶好のチャンスとして生かされるべく、最後の準備が整えられています。申し込みは、
事務局までお問い合わせください。申し込み締め切りは、2月21日。



                 
[PR]
by yunoura | 2011-01-23 21:18 | 湯浦川の水源・古石