サクラに包まれた戦没者慰霊塔

湯浦北区西側にある小高い丘のうえに1961年に建立された戦没者慰霊塔がある。

春はサクラ、秋は紅葉がきれいな散歩コース。

下から見上げた慰霊塔は、サクラの花に包まれています。
f0206758_14442463.jpg


正面中央から登る時の階段です。
f0206758_14504321.jpg


階段の頭上にサクラがかぶさっていました
f0206758_1453034.jpg


サクラの花に見守られる高さ8メートルの慰霊塔。白御影石でできています。
f0206758_14561823.jpg


日清戦争、日露戦争、支那事変、太平洋戦争で貴い命を落とされた御霊が256柱
が祀られています。
f0206758_14595161.jpg


慰霊塔から東方面を望む。
f0206758_151657.jpg


慰霊塔から南方面を撮影。
f0206758_1522948.jpg


慰霊塔の文字は、当時の靖国神社宮司・筑波藤麿氏により揮ごうされています。
f0206758_155190.jpg


慰霊塔から、佐敷方面を撮影。
f0206758_1564542.jpg


すぐ傍にある湯浦温泉神社展望台から見た慰霊塔、サクラの花が256柱の英霊を
見守るかのような満開の花を咲かせていました。
f0206758_1592544.jpg

[PR]
by yunoura | 2010-03-22 15:14 | 柔らしか温泉の町・湯浦