湯の香まつりで地元バンドが熱唱



 湯浦温泉丑(うし)の湯をお祭りする第19回湯の香まつりが、熊本県芦北町湯浦の福祉センターで、7月25、26の2日間開催されました。湯の香まつり実行委員会(宮島澄廣委員長)主催で毎年7月に開催されているもので、湯浦川河川緑地公園をメーン会場に予定していましたが、雨のため会場を湯浦福祉センターに移して行われました。フィナーレの二日目夜は、ダンスやバンドで盛り上げ、湯の香スタッフバンドも懐かしいメドレーを披露して、拍手喝采を浴びていました。
 中でもタイガースの「シーサイドバウンド」の歌声が流れると、会場から若者が飛び入りして踊りだしました。

「踊りにゆこうよ青い海の下へ 2人で歌おう明るい恋のリズム 踊りに行こうよ海は友達なのさ♪」

f0206758_2224187.jpg
f0206758_2232044.jpg
50代のバンド皆さんの楽しいリズムに乗って、ボーカルの徳田健児さんの甘い歌声が福祉センター会場いっぱいに、響き渡っていました。
[PR]
by yunoura | 2009-07-26 22:05 | 柔らしか温泉の町・湯浦